ご飯の炊き方というと、水の量はどれくらいなのかご存知でしょうか。

水の量は基本を覚えておくと、ご飯を炊く時に便利です。

また、ご飯の炊き方で、米のはかり方や洗い方のコツを知っておくと、美味しいご飯を炊き上げることができますよ。

ご飯を美味しく炊くためのコツを知って、毎日のご飯をさらに楽しみましょう!

今回は、ご飯の炊き方の水の量の基本などについてお伝えします。

水の量や米のはかり方、洗い方のコツなどを今まで気にしなかったあなたも、ぜひ参考にして下さいね。

ご飯の炊き方・水の量の基本は?

ご飯の炊き方で、水の量はどれくらいなのでしょうか。

「炊飯器でご飯を炊くなら目盛りに合わせるから気にしたことがない。」

そうですよね。

でも美味しいご飯の炊き方をするなら、水の量は、正確にはかった方が良いですよ。

そこで、ご飯の炊き方の水の量の基本を覚えておきましょう。

ご飯の炊き方・水の量の基本

水の量の基本は、米の1~1.2倍にすることが基本です。

ただし、米の状態や好み、調理器具などによって、多少、水加減を調節する必要があります。

例えば、炊飯器で通常の米を炊く場合は、米の量と水の量は、1:1.2を基本にしましょう。

もし、炊飯器を使って新米を炊く場合は、米の量と水の量は、1:1にして炊きます。

通常の米よりも新米の水の量を減らす理由は、新米は収穫してからの期間が短いため、米に水分が多く含まれているからです。

また、無洗米の場合は、米の量と水の量を1:1.5にするのが基本です。

ただし、米の品種や商品などによって、調節が必要です。

あくまでも水の量の基本として捉えて下さい。

水の量の基本で一度ご飯を炊いたら、次回からは、好みに合わせて水の量を調節することができますね。

また、忙しい毎日の中で、毎回正確にはかるのは大変かもしれませんが、時間に余裕がある時には、ぜひ正確に水の量をはかってみて下さい。

ちなみに、土鍋で炊く時は、炊飯器で炊く時の1.2倍の水の量にします。

では次に、ご飯を炊く時に用意するものから見ていきましょう。

今回は、炊飯器で通常の米を2合使う場合の、ご飯の炊き方を例に挙げています。

炊飯器でご飯を炊く時に用意するもの

ザルとボウル

炊飯器でご飯を炊く時に用意するものは、次の通りです。

  • 米:2合(360ミリリットル)
  • 水:360ミリリットル
  • ザル
  • ボウル
  • お米用の計量カップ
  • 炊飯器

では、実際の手順に沿って、ご飯の炊き方を見ていきましょう。

ご飯の炊き方・実際の手順

ご飯の炊き方の実際の手順は、次の通りです。

  1. 米をはかる
  2. 米を研ぐ(洗米する)
  3. 水を切る
  4. 水の量を加減する
  5. 浸水する
  6. 炊き上げる

1:米をはかる

保存袋の中で米をはかるところ

米用の計量カップでお米を1合ずつはかって、ザルとボウルをセットした中に入れましょう。

米を計量する時は、必ず炊飯器についているお米用の計量カップを使って下さい。

米のはかり方のコツは、計量カップに入れて、すりきりではかること。

特別な道具を使わなくても、大丈夫です。

指でスッとすりきりにして、米をはかりましょう。

私の場合は、チャック付きの保存袋で米を保存しているので、袋の中で直接はかります。

米用の計量カップは、すりきりで、ちょうど1合分になります。(すりきりで180ミリリットル)

もし、お米用の計量カップがない場合は、180ミリリットルの目盛りまで入れれば、米1合をはかることができますね。

2:米を研ぐ(洗米する)

ボウルに水を張る

ボウルに水を張り、そこに米を入れたザルをつけます

米を研ぐというよりは、洗うイメージで行って下さい。

水を張ったボウルにザルをつけたら素早く、手でぐるぐるっと2~3回かき混ぜます。

素早く米をかき混ぜる

米が水に浸かり始めたら素早くかき混ぜて下さい。

米を手でぐるぐるっと 2~3回かき混ぜたら、すぐに水を捨てましょう。

1回目のお水はすぐに捨てるのが米の洗い方のコツです。

米は水に入れると、すぐに水分を吸収しはじめます。

水分とともに、汚れやぬか臭さが米に吸収されないように、時間をかけないように注意をして下さい。

また、美味しいご飯を味わうためには、ザルとボウルを使って米を研ぐことをおすすめします。

1回目のお水を捨てたら、もう一度ボウルに水を張ります。

そして、1回目と同様にザルをつけ、ぐるぐるっと2~3回混ぜて、水を捨てます。

この手順を。2~3回繰り返します。

2回目以降も、できるだけ素早く行いましょう。

この時、水が透明にならなくても大丈夫です。

米を研ぎすぎると、せっかくのうま味まで流れ出てしまいます。

水は、少し濁っているぐらいでちょうど良いでしょう。

3:水を切る

米の水を切る

ザルに上げた米を冷蔵庫に入れて5分程度水を切りましょう。

米は、炊く前に一旦冷やしておくと、低温から一気に過熱されるため、一段と美味しくなるといわれています。

冷蔵庫に入らない場合は、そのまま1~2分置いて、水を切りましょう。

4:水の量を加減する

通常の水加減

炊飯器の釜に、水を切った米を入れ、水の量を加減しましょう。

2合の米なら、360ミリリットルの水を入れます。

先ほどご紹介した、「ご飯の炊き方の水の量の基本」の通りに、水の量を加減して下さいね。

美味しいご飯の炊き方をするためには、水道水をそのまま使うよりも、炭を入れておいた水や、浄水器の水などを使うことをおすすめします。

ペットボトルに入ったミネラルウォーターを使う場合は、必ず軟水を選んで下さい。

硬水でご飯を炊いてしまうと、炊き上がったご飯はボソボソの食感になってしまう可能性があります。

5:浸水する

浸水する

水の量を加減したら、炊き上げる前に浸水します。

先ほどお伝えしたように、米は、炊く前に一旦冷やしておくと、低温から一気に過熱されるため、一段と美味しくなるといわれています。

ですので、できればラップなどで覆って、冷蔵庫で浸水しましょう。

また、米はしっかりと浸水して、中心部分まで水を吸水させることが大切です。

お米がしっかりと吸水することで、ふっくらとして艶のある美味しいご飯が炊き上がりますよ。

浸水時間の目安は、30分~1時間程度です。

浸水時間は、季節や温度条件、米の新しさなどによっても違います。少なくとも30分は浸水させて下さい。

6:炊き上げる

ご飯が炊き上がったら、炊飯器の蓋を開けて、しゃもじで切るようにご飯をほぐしましょう。

しゃもじで切るようにご飯をほぐすことで、全体に空気が入り、美味しいご飯になります。

また、ご飯をほぐすことで、余分な蒸気を飛ばすこともできます。

しゃもじは、もちろん、水で濡らしてから使って下さいね。

まとめ

ご飯お茶碗1杯

今回は、ご飯の炊き方の水の量の基本などについてお伝えしました。

炊飯器で通常の米を炊く場合、水の量は、米1:水1.2が基本です。

また、米のはかり方のコツは、計量カップに入れて、すりきりではかること。

そして、米の洗い方のコツは、1回目のお水をすぐに捨てることです。

水の量や米のはかり方、洗い方のコツなどを今まで気にしなかったあなたも、ぜひ試してみて下さい。

きっと言いたくなりますよ。

「ご飯美味しいね!」

ご飯についてのこちらの記事もおすすめです。

⇒ご飯1合のカロリーは?お茶碗1杯分を計算して美味しく健康管理!