押し麦といえば、最近、もち麦と並んで人気が高まっていますね。

あなたは押し麦を食べたことがありますか?

押し麦は、プチプチとした食感が美味しくて、健康効果が期待できるといわれています。

私が好きな雑穀の一つです。

でも、押し麦ともち麦との違いがイマイチわからない、なんてことはありませんか?

今回は、押し麦とはどんな雑穀なのか、押し麦ともち麦との違いなどとともにお伝えします。

健康効果が期待できる押し麦ですが、食べ過ぎはよくありません。

押し麦を食べ過ぎるとどうなるのか、あわせてご覧下さい。

押し麦とは?

押し麦ご飯

押し麦とは、大麦を加工した雑穀です。

水分を吸収しやすく、また消化を良くするためにローラーで押しつぶしています。

押し麦の原料は、人気の雑穀・もち麦と同じように大麦です。

大麦にはさまざまな種類があるのですが、押し麦ともち麦に使われる大麦は、麦茶などに使う種類の大麦です。

麦茶などに使われる大麦の中でも、一般的に、押し麦には「うるち種」・「うるち麦」という、粘りの少ない大麦が使われています。

ぷちぷちの食感がとっても美味しい押し麦。

私も大好きで、よく白米や玄米に混ぜて炊いています。

押し麦は、麦とろご飯に使われることでも知られていますね。

押し麦ご飯の炊き方についてはこちらの記事をご覧下さい

⇒押し麦ご飯の炊き方は?水加減に気を付ければ炊飯器で簡単に!

でも、大麦は、そのまま食べようとしても、水分の吸収が悪く、消化しづらいというデメリットがあります。

そこで、水分を吸収しやすく、また消化を良くするためにローラーで押しつぶす加工をしたのが押し麦なのです。

では、押し麦ともち麦の違いとは何でしょうか。

押し麦ともち麦の違いは?

器に入れた押し麦

押し麦は、もち麦ととってもよく似ています。

先程お伝えしたように、押し麦ともち麦に使われる大麦は、麦茶などに使う種類の大麦です。

どちらにも、「六条大麦」が使われます。

でも、「六条大麦」の中でも、押し麦に使う大麦と、もち麦に使う大麦では品種が違います。

また、加工方法も違います。

そこで、押し麦ともち麦の違いを一覧表にしてみました。

押し麦ともち麦の違い一覧表

押し麦ともち麦の違いは下記の一覧表の通りです。

原料となる大麦外皮ローラー加工消化
押し麦うるち種・うるち麦取り除く有りしやすい
もち麦もち種・もち麦一部残す無ししにくい

一覧表からわかるように、押し麦は、うるち性のうるち麦の外皮を取り除いて加工します。

具体的には、大麦の外皮を取り除いた後、蒸気で加熱します。

加熱して柔らかくなった大麦を、今度はローラーで平たくぺったんこに押しつぶすのです。

食べた時の食感も、押し麦ともち麦は微妙な違いがあります。

押し麦も、もち麦も、プチプチの食感はあります。

でも、個人的には、プチプチの食感は押し麦の方が強く感じます。

押し麦の形はぺったんこ!

押し麦の粒

大麦をローラーで平たくぺったんこに押しつぶすことで、もち麦に比べると消化がしやすくなります。

上の写真のように、押し麦の形はぺったんこになります。

粒の中央に縦線がスッと入っているのは、もち麦と同じですね。

ただし、押し麦は外皮を全て取り除くので、もち麦に比べると「大麦β-グルカン」という水溶性の食物繊維が少なくなります。

このため、テレビなどのダイエット特集ではもち麦の方がよく取り上げられる、ということですね。

でも、押し麦に含まれる食物繊維を白米と比べてみると、なんと19倍!

押し麦にも、かなり豊富な食物繊維が含まれているのです^^

もち麦や大麦についての詳しい記事は、こちらをご覧下さい。

⇒もち麦とは?特徴は何?押し麦との違いも知っておきたい!

さらに、押し麦ともち麦に含まれる栄養素にはそれほど差がありません。

押し麦にも、大麦β-グルカンやビタミン、鉄分などの栄養がたっぷり含まれていますよ。

ただし、押し麦を食べ過ぎると困ったことになりかねません。

次に、押し麦を食べ過ぎるとどうなるのか、見ていきましょう。

押し麦を食べ過ぎるとどうなるの?

押し麦一袋

押し麦を食べ過ぎると、どうなるのでしょうか。

押し麦を食べ過ぎると、場合によっては次のような困ったことが起きるかもしれません。

  • 消化不良による腹痛
  • 胃腸に負担がかかる
  • 下痢 や下痢

上記のような困った症状の原因は、食物繊維を一度に多く摂り過ぎたことが考えられます。

私も、食物繊維を一度に多く摂って、お腹が痛くなったことがあります。

「お腹が張って苦しいのに、動くことができない…。」

お腹が張って苦しいのは、例えば、サツマイモをたくさん食べた時のような感覚です。

でも、食物繊維を一度に多く取り過ぎたことが原因だとすれば、たいていの場合は少しずつ消化されて症状が和らぎます。

あなたも、もしも上記のような症状があらわれたら、一旦、押し麦を食べるのを中止してみて下さいね。

人によって押し麦の適量は違う

人によって、押し麦の適量は違います。

ですので、押し麦を食べる場合は、最初は少量から食べ始めることをおすすめします。

そして、あなたの体調や好みに合わせて少しずつ押し麦を食べる量を増やしてみて下さい。

プチプチの食感で美味しい押し麦。

ゆっくりとよく噛んで、じっくりと味わえば、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

押し麦をゆっくりとよく噛むことで、消化しやすくするメリットもあります。

消化しづらいのは、押し麦だけではなく雑穀全般にいえることです。

胃腸に負担がかからないように気を付けて下さいね。

まとめ

押し麦

今回は、押し麦とはどんな雑穀なのか、押し麦ともち麦との違いなどとともにお伝えしました。

押し麦を食べ過ぎると、お腹が張って本当に苦しいです。

健康効果が期待できる押し麦ですが、くれぐれも食べ過ぎないように気を付けて下さいね。

押し麦は、適量を美味しくいただきましょう。

押し麦を食べれば、きっとあなたも言いますよ。

「ご飯美味しいね!」