玄米は健康に良い食品だといわれることから、年々人気が高まっていますね。

玄米食を始める方も増えているようです。

でも、「玄米とは?」「白米との違いは?」と聞かれて、あなたは答えられるでしょうか。

玄米を食べるなら、安全な食べ方も含めて、しっかりと玄米について知っておきたいものです。

今回は、玄米と白米との違いなどについてお伝えします。

玄米の安全な食べ方も、ぜひチェックして下さいね。

玄米とは?白米との違いは?

器に入れた玄米

玄米とはどのような食品なのでしょうか。

どうやら玄米には凄いパワーがあるようなのですが。

また、玄米と白米の違いとは何でしょうか。

「見た目の違いならわかるけれど、実際にどのように違うのかよくわからない。」

そんなあなたのために…。

まずは、玄米とはどのような食品なのかを見ていきましょう。

玄米とは?

玄米

玄米とは、米の種類のうちの一つです。

田んぼで収穫した稲の籾(もみ)から、籾殻(もみがら)を取り除いた米粒。

つまり、精米(精白)される前の米です。

稲から籾殻(もみがら)だけを取り除いた状態の玄米は、茶色い色(ベージュ)をしています。

見た目の通り、玄米は英語でBrown rice(ブラウンライス)といいます。

玄米は稲の種!?

精米(精白)されていない玄米は、稲の種ともいえます。

稲の種ですので生きています。

天日干ししてそのまま栽培すれば、玄米から芽が出ます。

つまり、発芽玄米になるのです。

稲の種でもある玄米には栄養素が豊富に含まれている、という証ですね。

玄米には凄いパワーが!?

玄米には凄いパワーがあるといわれています。

その理由は玄米の栄養面にあります。

玄米には白米に比べて、多くの栄養素が含まれています。

というより、玄米には白米に比べて多くの栄養素が残っているのです。

先ほどもお伝えした通り、玄米とは、稲から籾殻(もみがら)だけを取り除いた状態の米粒。

ですので、糠層(ぬかそう)や胚芽(はいが)が残っています。

この玄米の糠層(ぬかそう)や胚芽(はいが)に、食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルなど、多くの栄養素が含まれています。

玄米が、白米に比べて「身体に良い」、「健康に良い」といわれている理由の一つですね。

では次に、玄米と白米との違いを見てみましょう。

玄米と白米との違いは?

玄米と白米

栄養素が豊富に含まれている玄米。

白米との違いは、色や栄養価の違いなどです。

特に、栄養価の違いは玄米が身体に良いといわれる大きな理由です。

下記の表をご覧下さい。

玄米白米
茶色(ベージュ)白色
糠層有り無し
胚芽有り無し
胚乳有り有り

玄米には、糠層、胚芽、胚乳という部分があります。

一方、精米(精白)された白米とは、胚乳(はいにゅう)だけを指します。

玄米の糠層と胚芽には、多くの栄養素が含まれています。

例えば、食物繊維や、ビタミン、ミネラルなどです。

特に、玄米に含まれる食物繊維は、白米に比べると約5~6倍ともいわれます。

まさに、玄米の小さな1粒1粒には凄いパワーが!?

このため、玄米は「完全栄養食」や「パーフェクトフード」などと呼ばれて人気が高まるようになりました。

ただし、玄米を食べるためには注意した方がよい点もあります。

次に、玄米の安全な食べ方をご紹介します。

玄米の安全な食べ方は?

玄米の粒

玄米の安全な食べ方は、3つのポイントに気を付けることです。

では、3つのポイントを具体的に見ていきましょう。

玄米の安全な食べ方1:選び方

玄米には、白米に比べて農薬が残りやすいといわれています。

理由は、玄米には糠層があるからです。

農薬が残りやすいわれる玄米を選ぶ時は、できる限り無農薬や、減農薬の玄米を選ぶことをおすすめします。

玄米の安全な食べ方2:炊き方

玄米を炊く時には、水で丁寧に研ぎましょう。

水で丁寧に研いで炊飯することによって、ある程度の農薬を落とすことができるといわれています。

玄米の安全な食べ方3:噛む回数

玄米を食べる時は、噛む回数を多くしましょう。

玄米は白米に比べると消化に時間がかかります。

特に胃腸の弱い方や高齢者の方は、噛む回数を増やすように気を付けて下さい。

できれば、子供さんには白米を食べさせることをおすすめします。

こちらの記事もおすすめです。

⇒雑穀米のカロリーは白米より低い?糖質も比較してみた!

まとめ

玄米の胚芽

今回は、玄米と白米との違いなどについてお伝えしました。

玄米は健康に良いといわれる食品。

私自身も玄米が大好きです。

日々、玄米や白米、雑穀米など、さまざまなご飯を楽しんでいます。

あなたもぜひ、玄米を安全な食べ方で食べて下さいね。

そして一緒に言いましょう。

「ご飯美味しいね!」