梅干しは、とっても美味しくて身体に良い食品。

ご飯のお供には最高ですね♪

でも、梅干しは塩分が気になるところです。

そこで、梅干しを塩抜きして食べる方も多いとか。

今回は、梅干しを塩抜きする方法をご紹介します。

梅干しを塩抜きした場合、保存期間はどれくらいなのでしょうか。

また、梅干しを塩抜きすると、栄養は抜けてしまうのでしょうか。

ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

梅干しを塩抜きする方法!

箸でつまんだ梅干し

梅干しを塩抜きする方法を見ていきましょう。

まずは、材料を用意しましょう。

  • 梅干し:200g程度
  • 塩:1g
  • 水:1リットル
  • 容器:できれば平たくて浅い容器

梅干しの塩抜きは次の手順で進めます。

梅干しの塩抜き・手順

  1. 容器に水と塩を入れて混ぜる。
  2. 梅干しを入れる
  3. 好みの塩加減になるまで浸けておく
  4. ザルに上げて水気を切る
  5. 冷蔵庫で保存する

干しを塩抜きした後は、必ず冷蔵庫で保存して下さいね。

では、塩抜きをした梅干しの保存期間はどれくらいなのでしょうか。

塩抜きをした梅干しの保存期間は?

塩抜きをした梅干しの保存期間は、ハッキリとは決まっていませんが、できるだけ早めに食べ切りましょう。

保存期間の目安は、1週間~1ヶ月以内です。

もともと梅干しが長期保存できるのは、塩分を多く含んでいるためです。

ですので、梅干しは塩抜きをすることで、長期保存ができなくなります。

では、梅干しを塩抜きすると、栄養は抜けてしまうのでしょうか。

梅干しを塩抜きすると、栄養は抜けてしまうの?

お皿に入れた小梅

梅干しを塩抜きする時、水に浸けて数時間置きます。

このため、梅干しにもともと含まれている水溶性の栄養は抜けてしまいます。

梅干しにもともと含まれている水溶性の栄養というと、例えばカリウムや水溶性の食物繊維などです。

ですので、梅干しを塩抜きするのは、梅干しのさまざまな効果効能を期待するというよりは、梅干しを食べやすくするためだと捉えましょう。

まとめ

今回は、梅干しを塩抜きする方法をご紹介しました。

梅干しの塩分が気になる、という時は、梅干しを塩抜きすると食べやすくなります。

梅干しの塩抜きは簡単ですので、ぜひ試してみて下さいね。

もちろん、ホカホカご飯に合うのできっと言いたくなります。

「ご飯美味しいね!」

梅干しについてのこちらの記事もぜひご覧下さい。

⇒梅干しの種の中身を食べるとどうなるの?体に悪いの?天神さまが!?