梅の時期はいつなのかご存知でしょうか。

ご飯のお供・梅干しを漬けるなら、実の収穫時期や販売時期を知っておきたいですね。

今回は、梅の時期についてお伝えします。

実の収穫や販売の時期は、天候にも左右されるようです。

しっかりとチェックして、梅干しを漬ける時期を逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

梅の時期はいつ?

完熟梅

梅干しを漬けるための完熟した梅の実。

毎年、決まった時期にスーパーなどで販売されているのを見掛けますよね。

梅干しを漬けるための梅干しの時期はいつなのでしょうか。

梅の実の収穫時期や販売時期は、天候にも左右されます。

まずは、梅の実の収穫時期から見てみましょう。

梅の実の収穫時期はいつ?

完熟の青梅

梅の実の収穫時期は、6月上旬から下旬が一般的です。

南高梅で知られる和歌山県でも、まだ青い梅は、6月上旬から収穫時期が始まります。

その後、黄色く熟した梅は6月下旬頃まで収穫時期が続きます。

青い梅は、梅酒やシロップ漬けに。

そして、黄色くなって完熟した梅を梅干しに使います。

梅の実の収穫時期は、使い方によっても異なるということですね。

といっても、日本列島は縦に長いので、地域によって収穫時期に差があります。

和歌山県よりも北にある北関東などの地域では、6月中旬頃から梅の収穫時期に入ります。

また、小梅の梅干しやカリカリ梅干しに使われる小さい梅は、5月中旬頃から収穫時期が始まります。

では、梅の実の販売時期はいつなのでしょうか。

梅の実の販売時期はいつ?

梅の実の販売時期は、収穫時期と同じです。

梅の実は、収穫された後、すぐに販売されます。

ですので、6月上旬頃から梅の実の販売時期になります。

梅の実は、6月下旬頃まで販売されるでしょう。

青い梅でも、黄色い完熟した梅でも販売時期が変わることはありません。

ですので、スーパーなどで梅の実を見つけたら、購入して使いましょう。

ただし、小梅の梅干しや、カリカリ梅干しを作るなら5月中旬以降に店頭に並びます。

小梅の販売時期は5月中旬頃からです。

見逃さないようにして下さいね。

小梅の漬け方についてはこちらの記事をご覧下さい。

⇒小梅の漬け方レシピ・ガラス瓶を使う簡単な方法とは?

こうして、梅の収穫時期や販売時期を見てみると、梅と梅雨の関係に気付きます。

「梅雨(つゆ)」は、「梅」と「雨」という2つの漢字から成り立っています。

梅は、梅雨の時期より後に収穫・販売されると覚えておくと良いですね。

まとめ

梅干し

今回は、梅の時期についてお伝えしました。

梅の実は、収穫時期と販売時期ともに6月上旬~下旬頃までが一般的です。

ただし、天候にも左右されます。

梅雨の時期が近くなったら、梅の実を購入するタイミングを逃さないようにしたいですね。

特に、小さい梅は普通の大きさの梅より販売時期が早くなります。

注意をして下さい。

そして、ぜひ自家製の美味しい梅干しを作って下さいね。

美味しい梅干しができたら、美味しいご飯とともにいただきましょう。

きっと言いたくなりますよ。

「ご飯美味しいね!」

梅干しの作り方については、こちらの記事をご覧下さい。

⇒梅干しの作り方・赤紫蘇を使った昔ながらの素朴な美味しさ!